ナビゲーションを読み飛ばす

川崎町議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成27年度第3回川崎町議会(6月定例会議)
  • 6月10日 本会議 一般質問
  • 樋口 秀隆 議員
民意を反映させるべく「まちづくり委員会」など綿
密な施策とシステム作りを
  所信表明に「町民の皆様と力を合わせて」、「
 新たな飛躍を望む切なる願いを聞いた」とありま
 すが、これをより具体的に綿密に実現するための
 新たなシステムの導入をしていただきたい。
  全国の他市町村には多くの先進事例があります
 。過去に機能していた「まちづくり委員会」をよ
 り進化発展させたシステムを期待する。

ゴミ処理施設への対応、処理は本町の将来を決する
課題、広域化に向けての状況は
 ・補助金の返還処置や計画中断に際し発生した諸
 問題、地元の凍結状況などの説明。
 ・4市町のみならず8市町村も視野に入れた広域
 化への基本的考えを確認したい。
 ・広域化に向けての田川市との連携状況、福智町
 、糸田町との折衝進捗状況。
 ・ゴミの処理方式と財政的裏付けや、その試算に
 ついての現状での把握状況。
 ・今後の計画に民間の活力、見識を反映させるべ
 く「学習会」の実施や、「検討諮問委員会」など
 の設置の考えは。

前政権時に実施された施策や施設建設の変更と施設
整備計画の見直し等について
 ・ゴミ処理施設の計画見直し(上記質問参照)
 ・「愛光園」の建設について、建設続行した場合
 と中止した場合を、今後の25年間の財政投入と
 人的投入を問う。加えて今後の利用予測について
 問う。
 ・レストラン穀×極は、今のところ損益分岐点に
 達する来場者と収益に至っていない。今後の対策
 を尋ねるとともに、閉鎖した場合の利用計画も含
 めて問う。
 ・「町立保育園」は本町の保育を担っていると同
 時に、対象園児の減少など、他の民間保育園経営
 を圧迫している側面もある。今後の処置に考えは
 ないか。
 ・本町の「ゆらり」の復活を含めた「商店街復興
 計画」と「安宅交流センターの宿泊機能」の復活
 整備の考えを問う。
 ・「町民会館」と「福祉センター」を併合した施
 設の建設計画は。
 ・リハビリ的健康増進対策としてプール付き民間
 施設の利用をしていたが、内容を見直してでも早
 期の再開を望む声が多い。考えを聞く。
戻る