ナビゲーションを読み飛ばす

川崎町議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成25年度第11回川崎町議会(3月定例会議)
  • 3月14日 本会議 一般質問
  • 櫻井 英夫 議員
行政運営の計画性と住民参加の推進について(町長)
 今議会に提出された監査報告書でも事務事業や事
業計画が適切に樹立されていないと指摘を受けてい
る。公共事業全般に渡り前年度に計画を考え、次年
度に執行する窮屈な執行体質を反映していないか。
 これまで3~4年のスパンで実施計画を策定する
こと、常に計画のローリングに留意するよう喚起し
てきた。かつて投資的事業費は10億円の規模で推
移すると答弁があった。しかし、実際は17、19
億円と全くかけ離れている。実施計画を調整し、計
画的な行財政運営に努めるべきと考えるがどうか。
 石炭産業、失業対策事業に代わる産業の柱として
観光産業を起こそうとしているが、にわかなアイデ
アで施策を行うのでなく、初めに町ぐるみで戦略戦
術を検討する必要がある。かつては住民がまちづく
りに参加できる委員会があったが、今はない。住民
参加の新しい形を構築すべきではないか。

町制75周年事業について(町長)
 町制施行75周年を記念し、華々しく事業展開を
行った。記念事業の全体把握が困難な程だったが、
公共、民間を問わず、どんな催しが記念事業に位置
付けられ、全体事業費は概ねどの位に達しているか。

組合立中学開設構想について(教育委員長)
 この問題で、これまで町長や郡町村会の意向しか
伝わってこないが、教育委員会が本来主体性を発揮
すべきではないか。委員会としての方針、姿勢はど
うなっているのか。委員からどんな意見が出ている
か。この際、教育振興基本計画を策定してはどうか。
戻る