ナビゲーションを読み飛ばす

川崎町議会インターネット中継

※検索結果一覧

  • 手嶋 康徳 議員
  • 令和元年度第5回川崎町議会(9月定例会議)
  • 9月13日
  • 本会議 一般質問
1.地方公共交通の広域連携について(町 長)
 (1)住民が安全で快適に暮らすため、日々の移動
 手段はとても重要です。現在、各市町村で地域公
 共交通の取組を行っていますが、住民の利便性、
 事業の効率や費用対効果を考えても、田川全体で
 地域公共交通を取組む時期が来ていると思われま
 す。広域での取組についての考えはあるのか。

2.公民館活動の活性化について(教育長)
 (1)少子高齢化や人口減により、隣組や地域のつ
 ながりは希薄化が進み、地域の行事や祭りにも支
 障を来している状態である。地域での助け合いに
 おいても情報不足などから、助けを受けるのが困
 難な状況になっている。どのようにして地域の活
 性化に取り組むのかお尋ねします。
映像を再生します
  • 令和元年度第3回川崎町議会(6月定例会議)
  • 6月12日
  • 本会議 一般質問
1.農業振興について(町 長)
 (1)耕作放棄地の再生対策については、農家人口
 が年々減少しており、また高齢化も進んでいるが、
 農地をどのように維持管理していくのか。
 (2)新規就農者の支援については、実践研修農場
 や、新規就農者の定住促進のための住宅の整備な
 ど、環境整備を早急に行う考えは。

2.観光振興について(町 長)
 (1)川崎町の果樹農家が集中している大ヶ原地区
 は、観光農園やレストランなどがあり、川崎町の
 大きな観光資源となっており「フルーツ公園」と
 しての環境整備を行う考えは。
 (2)町民や来訪者の安全性と快適性を兼ねた観光
 道路の整備を行うことにより、点在している観光
 資源を活かすためにも必要と思われますが、取組
 の考えは。

3.文化・体育活動の振興について(教育長)
 (1)魅力のある川崎町を創るためにも、文化活動
 支援は重要と思われます。現状と今後の取組につ
 いての考え方は。
 (2)社会教育施設の管理運営状況については、数
 多くの施設を維持管理されていますが、施設の老
 朽化が進み、利用者が安全で機能的に使用出来て
 いるのか。また、体育用具などの更新は定期的に
 行われているか。
映像を再生します
  • 平成28年度第3回川崎町議会(9月定例会議)
  • 9月16日
  • 本会議 一般質問
耕作放棄地の再生対策について(町長)
 ①農家人口が年々減少しており、また、高齢化も
 進んでいるが、本町の基幹産業である農業におい
 て、農産物を生産するための農地を、どのように
 維持管理していくのか。
 ②年々荒廃した耕作放棄地が増加しているようで
 すが、有害鳥獣(イノシシ、シカ、アナグマ等)
 も増加の一途をたどっており、現在、補助金によ
 り金網の設置による対策をしているようですが、
 今後、どのような多面的な対策を考えているのか
 。

社会教育施設の管理運営状況について(教育長)
  社会教育施設には、川崎町コミュニティセンタ
 ー、川崎町勤労青少年ホーム、川崎町民会館、川
 崎町中央体育館、川崎町B&G海洋センター、川
 崎町民運動公園、川崎町三井運動場、川崎町ふれ
 あい施設(安宅交流センター、大峰ふれあいセン
 ター)等数多くの施設を維持管理されていますが
 、施設の老朽化が進み、利用者が安全で機能的に
 使用出来ているのか。
映像を再生します
  • 平成27年度第6回川崎町議会(12月定例会議)
  • 12月9日
  • 本会議 一般質問
教育振興基本計画について
  平成27年度の全国学力テストの結果では、小、
 中学校ともに県平均を大きく下回り、筑豊地区の
 学力の低下が問題となっているようですが、筑豊
 地区の中でも川崎町が最も厳しい状況であると聞
 いております。
  国は、昭和22年制定された教育基本法が平成
 18年に改正され、これを受けて平成20年7月
 に「教育振興基本計画」が策定されました。時代
 の変化を背景に平成25年6月に、「第2次の教
 育振興基本計画」が閣議決定されました。
  現在、その振興計画に基づいて教育の振興施策
 が推進されていると思いますが、川崎町におきま
 しては、どのような教育振興基本計画を定めてい
 ますか、教育長にお尋ねします。

住民生活に欠かせない水道水を、安定的且つ継続的
に供給するための、水道管及び浄水施設の改修計画
について
  本町の管路は総延長が約153km、水道普及率は
 94.5%で、管路については大部分が昭和40年頃
 の布設であり、浄水場はもっと古く経年劣化が進
 み、有収率は76.5%のようですが、町民に安定供
 給するための施設の改善については、どのような
 計画をしているのか、町長にお尋ねします。
映像を再生します
  • 平成27年度第4回川崎町議会(9月定例会議)
  • 9月11日
  • 本会議 一般質問
農産物直売所の活性化について
  農産物直売所がオープンして10年が経過して
 おり、経営形態が平成24年度までは生産者組織
 による利用組合でありましたが、25年度は町営
 となり、26年度は町が100%出資の株式会社が指
 定管理者となり、直売所とレストランが経営され
 ていますが、現在の直売所は「元気がない」、「
 品物が少ない」状況でありますので、農産物の出
 荷量の増大、生産者の拡大、施設の拡充等の対策
 、また、出荷者の組織が現在ありませんので、生
 産者の声が直売所に反映されていないと思われま
 す。
  早急に出荷者の組織をつくるべきと思いますが
 、町長のお考えをおたずねします。

豊前川崎駅から農産物直売所までの観光道路の整備
について
  町民や来訪者の安全性と快適性を兼ねた観光道
 路の整備を行うことにより、魚楽園やラピュタフ
 ァーム、戸山原古墳などの点在している観光資源
 を活かすためにも必要と思われますが、町長のお
 考えをおたずねします。

ふるさと納税について
  進学や就職で地方から都市部に人が移動するこ
 とで生じる税収格差を解消するために、2008年か
 ら始まった制度であり、川崎町では「かがやけ川
 崎応援寄附金」として取り組みを行っていますが
 、今年度からは税の控除額が2倍となっています
 。
  返礼品についても川崎町の特色を活かした特産
 品の開発等を行い積極的に取り組むべきと思われ
 ますが、町長のお考えをおたずねします。
映像を再生します
戻る